歯科インプラントで取り戻す自分の歯の感覚

怪我や虫歯など様々な事情によって失われてしまうことがあるのが歯の現実です。
最先端の渋谷のインプラントに関する情報収集をサポートします。

それが子供の歯である乳歯であれば永久歯が生えてくるまで我慢すれば良いですが、もしも永久歯が何らかの事情で抜けてしまう様なことになればその状態が自然に改善することはありません。

それどころか放置することで抜けた歯の周囲にも悪影響を及ぼすことが少なくないのです。

そのため一般的に歯を失ってしまった場合には歯科医院において何らかの対応を行うのが一般的です。

比較的多いと言われているのが部分入れ歯と呼ばれる治療です。

総入れ歯とは異なり、失われた歯の部分にフィットする入れ歯を制作し、周囲の歯に引っ掛ける形で使用するのが一般的です。

健康保険の適用対象にもなるため一般的な治療方法であると言えます。
しかし部分入れ歯はあくまでも取り外しが出来る道具にすぎず、自分の歯で噛んでいる感覚を得るのは中々難しいと言えるでしょう。

その点失われた歯の治療法としては最も優れていると言われている歯科インプラントは違います。

インプラント治療では失った歯の代わりとなる支柱をあごの骨に打ち込む形で固定し、そこに被せ物をすることで失った歯の代用とするものです。

そのため入れ歯の様に取り外しはできませんが、代わりに自分の歯で噛むような感覚をしっかりと取り戻すことが出来るのです。

インプラント治療は定期的なメンテナンスが必要になるものの、非常に治療後の経過が良い治療の一つとして評価が高まっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *