矯正治療後に関する考察

美しい歯並びはその人の魅力を高めるものです。
渋谷の矯正のサイトはこちらです。

笑顔の際に口元から綺麗な歯並びが見えると、さらに笑顔が魅力的に見え印象がよくなります。

そのため芸能人でも一番に歯並びを綺麗にし、デビューに備えるといわれています。

歯並びを綺麗にするには矯正治療が一番良いと言えます。

インプラントや差し歯で歯並びを整えるとなると、必ず抜歯が必要になります。

しかし矯正治療であると歯を極力抜かず、温存して歯並びを整えることができます。

歯並びを綺麗にすると笑顔がよくなったり、印象が良くなるだけにとどまりません。

噛みあわせがよくなるので咀嚼が適正に行われ、食事が非常に美味しく感じるようになります。
また綺麗な歯並びは歯磨きのブラシが隅々まで行き届くので虫歯リスクが減少し、高齢になっても自分の歯で食事を美味しくいただくことができるようになります。

矯正治療はワイヤーやブラケットを歯の表面に装着し、微弱な力で歯を動かしていきます。

そのため治療期間は数ヶ月から長くて三年程度を要します。
こうした治療期間を経て綺麗な歯並びを手に入れて装置を取ることになった場合、注意しなければいけないことがあります。治療が完了して装置を取ってしまうと、歯は元の位置に戻ろう後戻りしようとします。
そのため治療完了後は後戻りしないように保定装置をつけることが大事です。

保定装置には細いワイヤーやマウスピースが用いられます。
高額な治療費と長い治療期間をかけて折角手に入れた綺麗な歯並びを無駄にしないために、保定装置はきちんと装着するようにしたいものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *